“琵琶を和楽器を、もっと身近に……”


それは子供時代に関わると思ったのです。

いきなり大人になって出会うから、受け入れるココロがなくて戸惑ってしまう。


最近では“0歳からのクラッシックコンサート”とか

和楽器でも小学校での芸術鑑賞会とか、

昔に比べたら触れる機会は増えてるように思えます。


が、和楽器をもっと楽しく

3歳~6歳ぐらいの小学校前のお子さんに、

本来の和楽器の表現を伝えるにはどうしたらいいの?


と悩み悩んで生まれたWSが

びわしゃみ(琵琶と三味線)の

「みつけてみよう!春・夏・秋・冬」。

びわしゃみ1


四季がある日本の楽器だからこその表現。

それを時には体を動かし、時には声を発して、知ってもらうのです。

琵琶弾きだからって、じっと座っている訳にはまいりません。

びわ姉さんとして、春夏秋冬ものがたりの中に子供たちを案内しました。


まずは楽しく自己紹介

琵琶の音にのせて名前を言ってもらったら“よっ、日本一!”の掛け声。


はウグイス笛から始まり、お花見の風景を表現。(♪元禄花見踊り ♪娘道成寺)

“桜の花びらを集めたら鞠になったよ!”と鞠遊びへと移行していきます。

びわしゃみ2


(あわわわ、この写真だと鞠が見えない…。きれいな模様の鞠を準備しました!)


夏。まずはお手製小豆ケースで波の音。

そこから皆で楽しく大波、小波を作ってみました。(♪三味線で川の流れ)

その後は明かりを消して幽霊の登場を演出。琵琶独奏は“平家一門の怨霊が~”と♪船弁慶。

びわしゃみ3


は三味線の虫の音で始まり、子供たちにも問いかける。

“秋ってなにがあるかなぁ?”

“もみじ!” “おいも!” “うんどうかい!”  そして……おまつり!!

扇を持ってみんなで踊ってみた。(♪三味線で音頭)

開いたり閉じたり、大きな扇を手にするだけでも子供たちは嬉しそう。

びわしゃみ4


そして。琵琶で冷たい風の音。江戸の冬の風景は雪景色の中の赤穂義士!

畳みかけるような口上の後に琵琶独奏。(♪忠臣蔵)

その後、雪はまだ降っている。びわしゃみで♪ゆきやこんこを演奏し、みんなで歌った。


このWSでは

それぞれに趣向の違うポイントを置いて構成した。


声を発する。

小道具を使う。

体を動かす。

座って聴く。

 

そして、最後には知ってるメロディで和ませる。


親御さんにアンケートに協力してもらったが、

お蔭さまで概ね好評だった。

着物姿の人が軽快に動いているのもポイントだったらしい(笑)。

(当の本人は息切れしておりましたが……💦)


まだまだ実験段階ですが、

今後は年齢に合わせたプログラムを構築できたらと思っております。

(小学生なら楽器体験もあり、かと…)


この活動をどう拡げたらよいのか、暗中模索状態です。


ご興味を持って下さった教育関連の方、

イベントをお考えの方、

この活動に共感して下さる方、

こちら”へ

ご一報いただけたら幸いです。

  


★当日の様子を記事にしていただきました!

 

会場は文京区の”さきちゃん家”を利用させていただきました。

コンセプトは“まちの人が共有する「おうち」”。

子育て中のお母さんや近所のお年寄り、放課後の小学生、

さまざまな人が集うコミュニティスペースです。

















今年も始まりました!次回のまなびわは…

2月22日(木)


※3月22日(木)、4月22日(日)も受付中です。



◎午後の部 15時~   
  夜の部  19時~   (各定員6名)


◎参加費   2500円 (小・中学生1000円) 
         
         *親子割引、リピーター割引あります。 
       お問い合わせ下さい。                    
 

◎会場   谷根千・記憶の蔵 (東京都文京区千駄木5-17-3)

地図はこちらGoogleマップ
千代田線〈千駄木駅〉or南北線〈本駒込駅〉から徒歩12分です
 

★お申込み、お問い合わせは 

090-5996-9137                      
こちら

◎ご希望日時、お名前、人数、ご連絡先をお知らせ下さい。


※参加のお申し込みがない回は休止の可能性があります。
 必ず事前のご連絡をお願いいたします。
まなびわ  
                                             今年の冬は寒さが身に沁みますね。
さて、まなびわ元気に再開です!
今年も一人でも多くの方に琵琶体験していただけるよう、
願っております。
  
昨年最後のまなびわには、
男性が3名参加して下さいました。
女性のみ、という事が多い中
男性のみの参加ははじめてでした。
嬉しい限りです。
じわじわ、と琵琶がきてる……!??
                                             
今月、来月は木曜開講になりますが
是非是非ご参加下さい。  
 
よろしくお願いいたします。

創作語りライブを今年から始めました。

其の一は寺山修司、

そして其の二が今回の「琵琶で語るシェイクスピア」。

漠然と思い描いていた事を実際にカタチにするのは

こんなにも苦しくそして楽しいものなのか、

と改めて実感いたしました。

(苦しい、のが90%ですが…💦)

                                               小さなカフェでの企画ですが、

にとっては大きなチャレンジです。                 

“琵琶”があたり前ではないのに

一体どこから手を付けたらよいのか…。

いっその事大きく飛び越そう!!

だからってシェイクスピア??(笑)        

 

どうなります事やら…。

是非是非お立ち会い下さい。

 

シェイクスピア

 

間近のご案内ではありますが、今からでも間に合います!!  

★御予約はこちらから予約フォーム              

                              

今回の舞台は

モノづくりの町として近年注目を集めている蔵前。

散歩好きな私も何度も訪れているお気に入りの町です。

(何年か前にも蔵前の東京ひかりゲストハウス

演奏させていただきました)        

   

会場となる蔵前4273

倉庫を改築したおもしろいカフェです。     

是非遊びに来て下さいね!!             

                                                           

若い世代に琵琶を聴いて欲しい。

この願いは相変わらずです。

子供の時分に実際に見聞きする事がどんなに大切か、

それが未来に繋がると信じています。

私も中学生の頃、初めてミュージカルを見た体験が

少なからず今に繋がっています。

田舎町にやってきた劇団四季のコーラスライン。

ただただ圧倒されて

「これがプロなんだ」と漠然と思いました。            

                              

さて嬉しい事に少しずつですが、

学校で演奏させていただく機会が増えてまいりました。


前橋

小学校は今までも何度か伺ってますが

先日ははじめて高校へ。

ご近隣の一般のお客様も参加しての公開授業。

前列に主役の高校生たち、そして後方に一般のお客様。

後ろの方からは熱心な眼差しが伝わってくるのですが、

前方からはなかなか温度を感じる事ができず、

思春期の手強さを痛感いたしました。


前橋2


以前大学で演奏した時には、

私が歌い出した途端笑い声が起きた事もあります。

思うに、普段見聞きしない音(声)や

生身の人間が至近距離でタタカッテいる姿への戸惑いが

無反応か笑い声というカタチになるのではないでしょうか?                  

 

この日はWSも取り入れ、平家物語の一節を読んでもらったり

“祇園精舎”を一緒に歌ったりしました。                          

 

俯いていた彼や声が聴こえなかった彼女。

私は今日の役割を全うできたのだろうか、と

不安に思いながら家路につきました。                            

 

後日生徒さんからの感想文が届き、

そこには嬉しい言葉がたくさん記されていました。

 

最初聴いたとき鳥肌が立ちました。祇園精舎を聴いたとき、

リズムがゆっくりで一つ一つの言葉が力強かったのが

印象的でした。琵琶の歴史を知ることができて勉強になりました。

とても面白かったです。」


「授業で音読はしていましたが、琵琶の音色と歌声が付くと

 全然印象が違いました。その場の情景がまぶたの裏に

 浮かんでくるような勢い、力強さ、そして繊細さで、

 感動しました。」


「1番最初の祇園精舎を聴いたとき、

 すごくカッコいいと思いました。

“壇ノ浦”は初めて聴いたのですが、音の強弱から場面の描写が

 浮かんできてとても面白いと思いました。

 もともと和楽器の落ち着いた音が好きなので、最後の“紅葉”が

 とても綺麗な音で幸せな空間でした。」

  ※一番最後に童謡の「紅葉」を琵琶で弾き、皆んなで歌いました。


あぁ、そうか。

目には見えないけれど

彼らの中で確実に何かが起こっていたのだなぁ。                        

 

やはり、まだまだ修行が足りません。

場をつかんで、いつもと変わらない音をそこに持っていく事。

改めて、肝に銘じるのでした。

  


来月は大学での授業が控えています。

肝に銘じて…。







今年のまなびわは、あと2回です!

11月22日(水)、12月22日(金)

11月、12月共に受付中です。


◎午後の部 15時~   
  夜の部  19時~   (定員6名)


◎参加費   2500円 (小・中学生1000円) 
         
         *親子割引、リピーター割引あります。 
       お問い合わせ下さい。                    
 

◎会場   谷根千・記憶の蔵 (東京都文京区千駄木5-17-3)

地図はこちらGoogleマップ
千代田線〈千駄木駅〉or南北線〈本駒込駅〉から徒歩12分です
 

★お申込み、お問い合わせは 

090-5996-9137                      
こちら

◎ご希望日時、お名前、人数、ご連絡先をお知らせ下さい。


※参加のお申し込みがない回は休止の可能性があります。
 必ず事前のご連絡をお願いいたします。
まなびわ ←クリックして拡大 
                                                          早いもので今年もカレンダーが少なくなってきました。
さすがに寒くなってきましたね!!
                                             先日小学校の授業で演奏したのですが、
「琵琶を弾いてみたい」と子供から声を掛けられました。                    
まなびわに来てね、と誘うのも遠くて難しい。
予算と人出があれば、
楽器体験授業もできるのになぁ……。
子供用の琵琶があるといいのに、とも思ったり。                              
                                             大人ですら知らないこの楽器を浸透させるためには、
問題は山積みなのでした。                                       
     
出来る事をやるしかない、と"まなびわ"を開講中。
ご参加をお待ちしてます。
プロフィール

manabiwa812

Author:manabiwa812
川嶋信子 (薩摩琵琶/鶴田流)

桐朋学園大学 芸術学部演劇科卒業。
役者として数多くの舞台に出演し、CMなどでも活躍
その後、薩摩琵琶を鶴田流・岩佐鶴丈に師事。

寺社、仏閣、ホテルやイベント会場、学校、平家ゆかりの地など
各所で琵琶の魅力を伝えている。
他にも無声映画に楽師としての参加や琵琶2人のユニット「谷中琵琶Style」や
琵琶と講談の会「bi-dan」を企画するなど精力的に演奏活動を行っている。
また毎月、1日体験教室【まなびわ】を開講し
「楽しく琵琶を学べる」と好評を得ている。

第53回琵琶楽コンクール第二位入賞
邦楽オーデション合格
NHK FM「邦楽のひととき」出演

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR