~無事、終了いたしました!!
たくさんのご来場ありがとうございました。~

 
琵琶〈川嶋信子〉と講談〈宝井一凜〉のめくるめく世界
 
  bi-dan12月18日(日)
     浅草アミューズミュージアム(浅草2-34-3)
                            に再登場!!
 

                                                +をクリックすると拡大できます。
 
昨年の7月
bi-danの夏ということで
二人で演じたのは怪談・牡丹燈籠。
 
さてさて、今回は……。
文楽で観てからずっと気になっていた作品です。
それは安達ヶ原。
 
日本全国にある鬼婆伝説の中で最も有名な安達ヶ原は
文楽だけでなく能や歌舞伎の演目としても親しまれています。
 
その舞台は福島県二本松市
 
ほんの少しだけでも東北に寄りそえたら……。
そう思い選んだ演目でもあります。
 
東北と云えば
一凜姐さんが衣川にご縁があり、
昨年衣川では「義経物語」を二人で演じさせていただきました。
 
その時から
「次も何か東北のお話をやりたいね。」
と言っておりました。
 
前回同様
私達ならではの視点を生かして新たに創作し、
「なごりの旅」
とタイトルを付けました。
 
 
鬼と云われながらも一人の人間であった老女。
               その辿り着く先とは一体どこなのだろうか?
 
 
年末のお忙しい時期かもしれませんが、
是非是非お越し下さい!!
 
 
アミューズミュージアムの入場料もこの日は500円(通常1000円)になります!!
 まだBOROのコレクションを見てない方はこの機会にぜひ!!
 
 

 
ご予約は…
 
               
 03-5806-1181
 
もしくはこちら(川嶋)
 
 
 
スポンサーサイト
琵琶ごこち in酢飯屋 partⅡ」 無事終了いたしました!!
 
ふりカエル
 11月3日の巻
 
 
前回は居間で演奏しましたが   
 
今回は土間での演奏。
 
 
雰囲気がガラリと
変わります。
 
 
蝋燭の灯が反射して
何とも怪しげな雰囲気。
 
 
 
 
そして3曲目以降は電気
をon!!
 
 

          通りから見た店内。
           外の自販機が映っています。
 
        ガラスの向こうに見える世界は
        何だかそれだけでワクワクしませんか?
             
       この晩も道行く人が立ち止まっていました。

 
  

 
同じお店ではありますが
演奏する場所、明かり、お客様の雰囲気などで
創り出される世界は変わります。
 
いろんなチャレンジをさせてくださった酢飯屋さんに感謝!!
 
演奏後はもちろん
とびきり美味しいお寿司と共に楽しいご歓談のひととき。
結婚記念日やお誕生日のお客様がいて、
アットホームにお祝いムード。
 
演奏を聴いていた時とはうって変って、(~_~;)
皆さんの表情もほころびます。
 
この【緊張と緩和】が今回のテーマなのかも(^_-)-☆  あはは。
 

 
    
最後に岡田ブラザーズと
記念撮影。
 
 
本当にお世話になりました!
 
このイケメン兄弟が振舞う
お寿司に出会いたい方は
是非一度江戸川橋へ。
 
 
さまざまなイベントも開催中。
要チェック!
酢飯屋
 
 
 
 
 
     
あの日をふりカエル
~の。
 
さてさて、
六本木の翌日10月29日(土)は地元の文京区に出没です。
毎年行われる“男女平等センターまつり”に出演。
 
地域の皆さんが日ごろの活動の発表をしたり、
お茶席やバザー、映画上映もあったり。
盛りだくさんの内容で2日間にわたり開催されました。
 

入口に立てられた大きな看板。
 
“世界の楽器シリーズ”という企画の
無料コンサート。
今年は琵琶の登場と相成りました。
 
私の写真の上にいらっしゃるのは
あの田嶋陽子さん。
同じ会場で田嶋さんの講演の次が琵琶。
 
どうか、お客様
帰らないで~~
 
 
 

 
 
ほっ
……。
 
よかった~。
 
 
 
会場いっぱいのお客様。
感謝!!
 
 
皆さん、
静かに耳を傾けてくれました。
 
 
 
 

 
前から3列目に小学生のお子さんが!!
最後までそこにいてくれた~。
嬉しいっ
 
お子さんからお年寄りまで
幅広い客層でした。
 
 
楽器の紹介をしながら
4曲を演奏。
 

 
 
熱心なお客さまから質問が飛び出したり、
声を掛けてくださった方がめちゃめちゃご近所さんだったり。
 
地域の皆さんに喜んでもらえる幸せ。
 
まだまだ道のりは長いけど、
“琵琶”があたり前のように知られるために…。
 
まずは身の周りからコツコツと。
 
 
 
 
 
 
あの夜(10月28日)をふりカエル
~。
 
先月六本木で行われておりました東京国際映画祭。
 
路上に敷かれたグリーンカーペットの上を俳優さんや野田総理が歩く、
というオープニングセレモニーの様子をニュースで見た方も多いと思います。
 
その映画祭の中のイベントのひとつ
    TIFF night 活弁ライブ
に参加させていただきました。     
 
会場は六本木ヒルズ内にあるお洒落~なカフェ。写真は営業中のカフェで準備をする模様。


 
昨年のシネマぶれんど(弁士の片岡一郎さんとサイレント映画ピアニストの柳下美恵さんとの企画)
六本木で再び~という事に相成りました。

 
開放的な感じのカフェで
おされ~な方々がドリンク片手に談笑中。
 
そんな空間で琵琶と私の声が響く光景は
何だかおもしろく……
 
しかし実は
一人で戦いに挑んだ戦士の気分でした(笑)
 
 
 
 

 
 
仲間の部隊に助けられた
琵琶戦士。
 
上映が始まり、
瞬く間にカフェは映画館。
 
お客様も食い入るように
みつめます。
 
 
こちらは“血煙荒神山”
シネマぶれんどの際も取り上げた作品です。
 
 

 
 
 
 
 
 
この作品は“豪傑児雷也”
 
 
児雷也は妖術を操り
姿を消したり
空を飛んだり
がま蛙に変身したり。
 
 
そのがま蛙が
大蛇やなめくじと戦うシーン
があるのですが

何とも滑稽で楽しいです。
 
 
 
柳下さんは
キーボードだけでなく
あるとあらゆる鳴り物を操り、
さまざまな場面を作り出します。
 
 
今回も柳下さんのアドバイス
に大いに助けられました。
 
 
 
 
 

終了後、
何故か記者会見場のようになり
カメラマンが殺到。
 
照れ笑いする私たち
 
無声映画の魅力にまた触れることが出来て
企画の片岡さんやスタッフの方々に
感謝、感謝。
また来年も………
 
 
また“六本木に琵琶”という
おもしろい光景を再現できたらと思います!
 
 
 
そうそう、このイベント次の日もあったのですが
その日は和楽器バンドの“音和座”さんが出演されたのです。
な、なんとそこにも琵琶が!!(出演は筑前琵琶の藤高理恵子さん。)
 
琵琶の種類は違えども
2夜連続で琵琶が登場するイベント(しかも六本木)なんて未だかつてないと思います。
 
これはもう流行らすしかないっ!!!
 
琵琶って最近よく見るね~
なんて呟かれる日もそんなに遠い日の事じゃないかも、ねっ
   最新情報!(11月20日UP)
   〈まなびわ〉初日は夜の部(19:00~)に空きがあります。
              無事、終了いたしました。 
 
〈まなびわ〉 始めます
 初日は11月23日(水・祝)です!!
                    その後毎22日に開催。
                         <注:1月と8月はお休みします> 
                参加費は\2000です。
 
   
千駄木にひっそり佇む蔵でいつも琵琶が聴けるらしいニャ~。
    
おまけに楽器に触れるんだゾウ~。
    

                                               +をクリックすると拡大できます。
 
    琵琶ってどこで聴けるの?
    琵琶って興味あるけど、難しそう…。
    琵琶て楽器が高そうで手が出ないわ…。でも触ってみたい。
 
  そんなたっくさん
のご要望にお応えして
  立ち上がった、いち琵琶弾きでございます。
 
    演奏を聴いていただいた後に、
  楽器に触れてもらったり,
  声を出してもらったり、
  琵琶の歴史や種類のお話をしたり、
  
  どなたでもお気軽にご参加いただけます。
 
  初の試みなので、
  参加者の皆さんのご意見もお聞きしながら
  長く継続していける場にしたいと思っています。
 
  開講を記念して参加者の皆さんにはちょっとしたお土産付き!(数量限定)
  
  さぁ、〈まなびわ〉へ行こう
  お待ちしてます!
 


 
お申込み、お問い合わせは 090-5996-9137 
                  
こちら
                 ◎お名前、人数、ご連絡先
                      ご希望の回をお知らせください。
                      (午後の部15時~or夜の部19時~)
  
会場の<記憶の蔵> (東京都文京区千駄木5-17-3)
映画保存協会事務所奥にあります。  地図はこちら Googleマップ
 
千代田線〈千駄木駅〉or南北線〈本駒込駅〉から徒歩12分です。


 

  
 
プロフィール

manabiwa812

Author:manabiwa812
川嶋信子 (薩摩琵琶/鶴田流)

桐朋学園大学 芸術学部演劇科卒業。
役者として数多くの舞台に出演し、CMなどでも活躍
その後、薩摩琵琶を鶴田流・岩佐鶴丈に師事。

寺社、仏閣、ホテルやイベント会場、学校、平家ゆかりの地など
各所で琵琶の魅力を伝えている。
他にも無声映画に楽師としての参加や琵琶2人のユニット「谷中琵琶Style」や
琵琶と講談の会「bi-dan」を企画するなど精力的に演奏活動を行っている。
また毎月、1日体験教室【まなびわ】を開講し
「楽しく琵琶を学べる」と好評を得ている。

第53回琵琶楽コンクール第二位入賞
邦楽オーデション合格
NHK FM「邦楽のひととき」出演

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR