琵琶と講談の新たな企画〔bi-dan〕にご来場ありがとうございました。






生憎の雨の中、
そして他にもイベント目白押しだった谷中界隈。
一時はどうなることかと思いましたが、
盛況のうちに幕を下ろすころができました。
ありがとうございました。

1部はそれぞれのソロ活動。   

お互いお馴染みの演目を披露。
講談は「山内一豊の妻」
琵琶は「敦盛」

講談であったまった会場の空気を大事にしたくて、
演奏前にまくらのようなMCに挑戦。
この日の昼間に中学校で演奏したエピソードを話し、
何とか乗り切る。

さてさて、そして2部は共演で
「牡丹燈籠」
せっかくだから一緒に何か創ろう、
と話したのが夏の日のこと。
牡丹燈籠が谷中を舞台にしているということと、
お馴染みの演目であるということ。
そして女性二人で演じれば新たな色が出るのでは、ということに…。

そう、今回のテーマは純愛でした。
幽霊が出てくるというイメージだけじゃない〈何か〉を求めて。

お馴染みと言っても琵琶に「牡丹燈籠」がある訳ではなく、
一凜姐さんのネタの中にもない。
となると……創るしかないのです。

いやぁ、楽しいやら苦しいやら苦しいやら。
琵琶は幽霊担当でお露ちゃんの感情を表現。
ストーリーを運んでくれる姐さんがいてくれて、
勇気100倍。





今回の「牡丹燈籠」だけではなく、
この新たな表現のカタチを今後も模索していきたいと思います。


また次回の〔bi-dan〕があることを  

本人達も密かに願っております。
今回聴き逃した方、
そしても一度聴きたいという方、
暫くお待ち下さいませ。

それまでにまた芸を磨き、
皆さまにも一凜姐さんにも恥ずかしくないように…。

今後とも〔bi-dan〕
よろしくお願いいたします!!


*姐さんの10月27日のブログにもその日の様子がアップされてます!!
 是非ご覧下さい。田辺一凜
スポンサーサイト


    今回素敵な似顔絵を描いてもらってご機嫌です!
      ん?実物より美人かも。
      小石川亭のメンバー手塚かつのりさんが描いて下さいました。



“居酒屋で落語”だったら珍しくない事ですが
“居酒屋で琵琶”ってどうですか?

私はいいと思います!

有志の皆さんによって立ち上げられた
フォーラム小石川亭
その第一回目は
桂文生師匠の落語。
そして第二回目に
わたくし川嶋信子の琵琶語りでございます。

師匠に比べて芸歴もご近所歴も短い私ですが、
まずは地域の皆さんに琵琶の魅力を発信すべく
精一杯努めさせていただきます。

もちろん
ご近所の方以外のお越しもお待ちしています。
演奏の合間に解説を交えながら、
楽しく分かりやすく進めていきたいと思います。

演奏後は懇親会もありますので、
お気軽にご参加下さい。

会場の居酒屋「明石」は
丸の内線後楽園駅、
もしくは都営三田線春日駅から徒歩5分です。
お待ちしてます!!

プロフィール

manabiwa812

Author:manabiwa812
川嶋信子 (薩摩琵琶/鶴田流)

桐朋学園大学 芸術学部演劇科卒業。
役者として数多くの舞台に出演し、CMなどでも活躍
その後、薩摩琵琶を鶴田流・岩佐鶴丈に師事。

寺社、仏閣、ホテルやイベント会場、学校、平家ゆかりの地など
各所で琵琶の魅力を伝えている。
他にも無声映画に楽師としての参加や琵琶2人のユニット「谷中琵琶Style」や
琵琶と講談の会「bi-dan」を企画するなど精力的に演奏活動を行っている。
また毎月、1日体験教室【まなびわ】を開講し
「楽しく琵琶を学べる」と好評を得ている。

第53回琵琶楽コンクール第二位入賞
邦楽オーデション合格
NHK FM「邦楽のひととき」出演

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR