長野県松本市…
どうもここが私の生まれた場所らしい。
3歳までしかいなかったので何も覚えてないけど、
家に工芸品の鳩車や手毬が飾ってあったのは記憶にあるから不思議。

その松本から電車で20分。
今回、安曇野に引っ越した友人の紹介で素敵な宿に泊まりました。
その名も「地球宿」http://chikyuyado.com/

あったかくて、ホッとできて、楽しくて、
いろんな方との交流が生まれる場所。
この日の宿泊客の中に、
イタリアのフィレンツェからきた親子がいました。
イタリア人のご主人はお仕事のためお留守番だそうで、親子水入らずの安曇野滞在。
写真はすぐに仲良くなったこの宿の光ちゃんとハーフのウート君のひとコマ。
緩やかな時間が流れます。

なぜか会う人、会う人
はじめて会った気がしない。
新しい家族ができたような一夜を過ごし、
次の日も友人にいろんな場所に連れて行ってもらいました。

友人はまだ移住して3ヶ月だというのに、
いろんな人と繋がっている。
彼女自身も生き生きしてる。
安曇野の自然と人は不思議な力を持っているみたい。

何だか町(谷根千)と繋がって活動していきたい私は
通じるものを感じました。
町と繋がるということは
人と繋がるということ。
それが自分の個性にもなるのだと思います。

またひとつ目標ができました。

長野(安曇野)で琵琶の演奏会を!!

生まれた場所ということもあるし、
この町の人達に琵琶の音を届けることができたら…。
いつかきっと。

実は私

移り住んだ場所、場所で演奏するのが秘かな目標です。

長野の次は香川、その次は広島。

香川は源平の合戦があった屋島があるし、
広島は平清盛が守り神としていた厳島神社があります。
いずれも琵琶にふさわしい場所。
これもいつかきっと、きっと…。
スポンサーサイト


☆写真は木更津のシンボル“きぬ太くん”。
 季節毎にお色直しするそうです。
 この日はお祭りバージョン!?
 何てったって、
 やっさいもっさいhttp://kashiwacats.hp.infoseek.co.jp/yasai.htmlの日ですから…。
  

残暑お見舞い申し上げます!!


いろいろと
またご報告事項がたまっております。
先月行われたほうずき市での奉納パフォーマンスや
“匂~におう~”追加公演も無事終わりました。
相方がブログを始めまして、
そちらをご覧いただくと様子がよく分かりますです、はい。


こらこら、君はどうなんだいっ!?
ということで久々に更新。


いやぁ、お盆もあっという間に終わりましたね。
私はお墓参りに行ったり、
甥っ子のお守をしたり、
オリンピックをテレビで見たり、
ごくごく普通に過ごしました。

そして

13日は木更津の長楽寺<薬師万燈会>にて奉納パフォーマンスを務めさせていただきました

とても幻想的な雰囲気の中、
耳なし芳一の朗読に音付けさせていただき、
ゲストということで谷中琵琶Styleとしても出演。
あっ、これもやはり相方のブログを……、っておいおい。
お寺という場所は文句なく琵琶にピッタリの空間です。
聴きにいらしてくださったお檀家さん、
お寺のご住職はじめ企画してくださった方々、
本当にありがとうございました。


そしてうれしいことに
友人と久々の再会を果たしました。
大学時代の同級生の彼女は
今地元の木更津で家族3人で暮らしています。
ご近所ということで演奏を聴きに来てくれました。
彼女に私の琵琶演奏を聴いてもらうのはもちろん初めて。
大学時代の同級生で
私が琵琶を弾いているのを知っている人はほとんどいないもんなぁ。
何だか、うれしいやら、気恥ずかしいやら…。

翌日
彼女の5歳になる息子さんと一緒に駅前で待ち合わせ。
いやぁ、8年ぶりぐらいの再会でした。
あの頃のあんな事、こんな事…
懐かしい話やら名前やらが出てくる、出てくる。
学生時代に演じた役名なんかも飛び出したりして、
笑いの絶えない時間でした。

素敵な偶然。
何年かたってこうして会える幸せ。
何だか
あの頃のメンバーにいろいろ会いたくなってしまいました。

あっ、この日はかの有名な“やっさいもっさい”の日だったそうで
お揃いのはっぴやTシャツを着た人達が次から次へと現れました。
友人曰く
この2日間は木更津の人口が普段の倍になるらしい。
祭りの力は偉大だ。

私も見て帰りたかったけど、今回は断念。
祭りに訪れる人達とは反対に東京行きのバスへ。

また木更津の皆さんに琵琶を聴いてもらえますように…。
プロフィール

manabiwa812

Author:manabiwa812
川嶋信子 (薩摩琵琶/鶴田流)

桐朋学園大学 芸術学部演劇科卒業。
役者として数多くの舞台に出演し、CMなどでも活躍
その後、薩摩琵琶を鶴田流・岩佐鶴丈に師事。

寺社、仏閣、ホテルやイベント会場、学校、平家ゆかりの地など
各所で琵琶の魅力を伝えている。
他にも無声映画に楽師としての参加や琵琶2人のユニット「谷中琵琶Style」や
琵琶と講談の会「bi-dan」を企画するなど精力的に演奏活動を行っている。
また毎月、1日体験教室【まなびわ】を開講し
「楽しく琵琶を学べる」と好評を得ている。

第53回琵琶楽コンクール第二位入賞
邦楽オーデション合格
NHK FM「邦楽のひととき」出演

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR