我が家の胡蝶蘭は今日も鮮やかに咲いております。
   心がざわつく出来事があっても、
   この陰りない“白”をみつめれば……。

「谷中琵琶Style Vol,3 想~おもう~」 間もなく定員に達します!


お陰さまで両日とも、予約が順調に伸びてまいりました。
いつものごとく初めはどうなることかと思ったのですが、
何とか客席を埋めることができそうです。
ご連絡いただいた方々ありがとうございました。

まだ若干お席はございます。(特に6日の金曜日)
キャンセルが出る可能性もありますので、これから予定が決るという方
お気軽にお問い合わせ下さい。

実は私達そこのあなたに足を運んで欲しいのです。
私達からの熱い想いを感じとってしまった方、ご連絡お待ちしてます!!


私事ですが、事件がありまして
それは立退きっていうやつです。
ある日突然紙切れがポストに一枚、
その後知らない人たちが来て「O月までに出て行って下さい」と言ってきた。
あれから2ヶ月ちょっと…
それまでの間、住民同士で話し合ったり役所に相談に行ったり、
いつもその事が頭の片隅を離れない。
食べることの次に切実な住まいの問題。

一致団結という訳にもいかず、空き部屋が目立ってきた我がマンション。
あんなにいろいろ話したのに、皆黙って出て行くんです…。
いい大人なのに、挨拶もせずに。
更に困ったのがゴミの後始末。
いくらいつか取り壊しになるからって、
いくら業者にいらない物はそのままでいいと言われたからって、
玄関前に乱雑に置いてくとは。
ばら撒かれたタバコの吸殻、分別されてないゴミ袋、袋にすら入っていない不要とされた物たち。
明らかに自分達のことしか考えていない行為。
出て行ったらそれでおしまい、ってか…。
我が家の玄関前に風にのってゴミが舞い降りてきました。
どうすんの?
しばらくあのゴミはあのまま?
いくらブランド物で身を固めても、いくら化粧をして小奇麗にしていても
その行為は内面の醜さそのもの。

“自分さえよければ”
世の中に蔓延しているこの病気。
そして“礼儀”という言葉や行為も失われつつあるのだろうか…。
何だか怒りを通り越して、とてつもなく寂しい。


この病気の人は人前に立つことを選んではいけない。
その資格はない。
自分に問いただしながら、
今は何も考えず琵琶に向かう。
それしかない。

ということで演奏会が終わったら、日常のタタカイが待っています。




   
スポンサーサイト
?H1>7月6、7日ともまだ余裕ございます。

どちらかと言えば6日の金曜日の方が埋まっていません。
是非是非、ご一報下さいませ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ken55ken1010/48510383.html

7日は七夕でしかも土曜日ということもあり、
他にも演奏会やイベントなどを見かけます。
実は以前ひなまつりイベントの時にご紹介した安田邸でも、
七夕にちなんだ朗読会があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/ken55ken1010/46634911.html
http://www.national-trust.or.jp/
自分がその朗読会を聴きに行けないのは残念ですが、
朗読会の後ゆっくりと夕方は根津教会へ……
なんていうのはいかがでしょうか?

安田邸も根津教会もこの町で愛されている歴史ある建物です。
その空間に身を委ね季節を感じる…
なんて、贅沢な時間でしょうか!!

私達も創作もので“七夕の日に別れてしまった恋人同士の話”を演奏する予定です。
源平の時代、栄華を極めた平家が都落ちしたのはちょうど七夕の季節でした。
その後壇ノ浦で滅亡する翌年の春まで、
行く先のない海の上での生活を余儀なくされた平家の人々。
引き裂かれてしまった家族や恋人同士が一体どれ程いたでしょうか…?

想~おもう~
ひたすらに…
ただただ、その人に届くことを願って…


教会での琵琶

その雰囲気をたくさんの方に味わっていただきたいと思っています。


 昨年いただいた胡蝶蘭が、今年もまた
?H1>さ、咲きましたーーー!!
日に日に膨らむつぼみを眺め、無事に咲くことを祈っていた私です。
 今日は記念日。
 とってもほっこり気分です。
 我が家は植物をすぐに枯らしてしまうという悲しいジンクスがありまして、
 ましてや育てるのが難しいという胡蝶蘭。
 まさか咲いてくれるとは!(涙)
 
 この冬を乗り越え、また美しい姿を見せてくれた君に感謝。
 しっかり生きてたんだね。
 
 元気をもらって、本日もチラシを片手に営業活動。
 チラシを受け取ってくださったお店の方々、
 ありがとうございました。
 勇気を出して始めての所でも、何とかチャレンジしてみる。
 凹んだり、逆に勇気づけられたり、いろいろあるけれど
 きっと手に取ってくれる“誰か”のことを信じて。

 草の根運動はまだまだ続きます。

 ちなみにご予約状況ですが
?H1>まだほとんどいただいておりません。 前回も本番2週間前ぐらいからご予約が殺到いたしました。
 なかなかご予定がお決まりにならないかもしれませんが、
 今がチャンスです!
 と言っても早くご予約いただいたからといって、特典がある訳ではないのですが。
 ごめんなさーい。
 お問い合わせなどもお気軽にご連絡くださいませ。
 お待ちしております。
 http://blogs.yahoo.co.jp/ken55ken1010/48510383.html

浴衣姿の方が客席にいるといいなぁ、なんて勝手に想像しております。
 七夕の日のお出かけは浴衣で根津教会へ!
 
 

 
プロフィール

manabiwa812

Author:manabiwa812
川嶋信子 (薩摩琵琶/鶴田流)

桐朋学園大学 芸術学部演劇科卒業。
役者として数多くの舞台に出演し、CMなどでも活躍
その後、薩摩琵琶を鶴田流・岩佐鶴丈に師事。

寺社、仏閣、ホテルやイベント会場、学校、平家ゆかりの地など
各所で琵琶の魅力を伝えている。
他にも無声映画に楽師としての参加や琵琶2人のユニット「谷中琵琶Style」や
琵琶と講談の会「bi-dan」を企画するなど精力的に演奏活動を行っている。
また毎月、1日体験教室【まなびわ】を開講し
「楽しく琵琶を学べる」と好評を得ている。

第53回琵琶楽コンクール第二位入賞
邦楽オーデション合格
NHK FM「邦楽のひととき」出演

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR