琵琶という楽器について

       *写真上が筑前琵琶、下が薩摩琵琶。
琵琶は西アジアが起源とされています。
アラブ圏のウードやヨーロッパのリュートとは親類関係にあります。
そういえばヨーロッパにもその昔、リュートを弾きながら語る吟遊詩人
いたと云われていますから、やはり日本の琵琶法師につながると思います。

日本への直接的な導入のきっかけは中国や朝鮮の琵琶(あちらではピパと発音します)です。
そのピパが日本人の文化価値、音楽理念などによって日本の琵琶になったのだろうと思われます。

日本の琵琶にもいくつか種類があって成り立ちがそれぞれ違います。
一番古いのは楽琵琶盲僧琵琶楽琵琶は7~8世紀頃伝えられ、雅楽の管弦と
いう合奏音楽に使われます。雅楽の中では笙(東儀秀樹さんが吹いてる楽器)や篳篥が目立ちますが
ちゃんと琵琶もいるんです。
盲僧琵琶は8世紀以来の宗教的声楽です。盲人のお坊さんが琵琶を片手にお経を唱えるというもので、現在は九州地方にわずかな伝承者がいるだけですしほとんどが目の見える方です。
平家琵琶は琵琶法師が平家物語を弾き語りするもので、室町時代以降広く庶民に親しまれました。
多い時には都に数百人の琵琶法師がいたといわれている。当時の人々の娯楽の一種だったのでしょう。

そして薩摩琵琶,筑前琵琶です。
16世紀頃、薩摩藩の島津忠良が武士の士気を鼓舞するために琵琶を使って教訓歌を歌わせたのがはじまりとされる薩摩琵琶。成り立ちからも察するように、激しく男性的な奏法が特徴。
筑前琵琶は明治時代に生まれ、三味線音楽の影響を示す様式を持ち薩摩琵琶に比べると旋律が豊か
で女性的といわれています。

楽器自体も筑前琵琶の方が薩摩琵琶より小ぶりです。(撥も)
楽器の素材も違うので音色も異なります。

私がやっているのは薩摩琵琶ですが、いただいた筑前琵琶を試してみるとこれはこれでいい音色。
曲によって薩摩と筑前を使い分けるなんてことができたらなぁ、と思う今日この頃です。
スポンサーサイト


お風呂場の窓を開けると、あらあらきれいっ!
改めて紅葉狩りには行ってないけれど、こんな近くに季節を愛でるものが…。
日本人の得なところだなぁ、季節を感じられるということは。

部屋の中にいるミニ盆栽(はぜ)も秋になると紅葉するといわれてたのに、
未だその気配はなく。
葉っぱが散ったままの枝もあり、心配なはぜちゃんです。
無事に冬を越せますように…。

明日は街を歩きながら、紅葉をみつけてみようっと。

なかなか石橋蓮司さんの富樫に救われたけど、やはり今日も効果音満載。
大げさな音楽はかえって場をしらけさせると思うのだが。
いかにも、って感じになるし。
毎週同じ。もっと丁寧に描くべき。
弁慶の心の揺れとか、義経の主従を思う気持ちとか。
何だか駆け足でダイジェスト版見てるみたい。
もっとも今まで義経と主従達の心の交流を丁寧に作ってないのだから仕方ないのか。
残念ながら彼らに強い信頼関係は見えない。
ずーっと期待していたのにもうあと2回。

義経、かっこいいのは認めるけどもっと素直でよかったんじゃないかなぁ。
”義経”っていうイメージを守りすぎた気がする。
もっと生きてる人間でいいのになぁ。

何だか平家の方々がお亡くなりになってから展開早すぎる義経
今日だけで佐藤忠信が死に、静の産んだ子が捨てられ、静が舞い……。
やはりもう少し丁寧に描いて欲しい。
山伏装束をどうやって入手したかとか、変なところで親切だったりするけれど。

私が心配していた静の舞は何だかずるいなぁ、という感じ。
うまいこと紅葉が散ったり、唄にエコーかかっちゃったり、テーマ曲が大音量で流れる演出だったり。
現代は技術が進んでいるので、映像はいくらでもきれいなものにできるのだと思う。
でももっとシンプルに、静の心情を追うべきではないだろうか?
音響効果に頼らずに……。
そういえば妙なスローモーションも多いなぁ。
今回の義経に違和感を感じるのは、現代っぽい部分が変なところで顔を出すからだろう。
役者の若さ(必ずしもそれは悪いことではないのだが…)は居住まいや古語の言い難さなどを目立たせる。
それにしても今回の静はやけに現代の匂いがする。
鎌倉方に対してのあからさまな挑戦的態度。
これも新しい姿でおもしろいのかもしれないが。
来週が勧進帳で、再来週に平泉に着き、最終回で義経自害、という展開か?
このエピソードたちをたったの3回で放映してしまうなんて。

ごめんなさいっ、分かってるんだけど比べても仕方ないということは。
でもあまりにも昔見た

武蔵坊弁慶

が素晴らしくて、そのイメージが消えないのである。
映像の技術は進んでなくても、確かにその時代を生きた人々がそこにいた。
始めて義経や弁慶に出会う幼い私が衝撃を受けたのだから、間違いないっ!!

とにかく最終回まで見守るしかないのである。
富樫役の石橋蓮司さんに期待っ!

「義経」、そう今年の大河である。
でも私にとってはずーっと前から思い入れのある人物だった。
だから楽しみにしていたのに…。
 
何でもそうだが特に歴史上の人物というものは、人それぞれの持つイメージがある。
去年の「新撰組」はよく知らないまま見ていたので、物語にどんどん引き込まれ毎週楽しみにしていた。
でもイメージを持っている人からしてみれば、賛否両論いろいろあったようである。
 
いつかは挽回してくれる、と「義経」を毎週見守っていたのだがもう来月で終わってしまう。
あと4話か5話で終わってしまうと思うのだが、どうするんだろう…。
きっと平泉に入ってからあっという間なんだろうなぁ。
もっと丁寧に描いてほしかった。
今回の「義経」は後白河法皇大活躍のせいか、他の部分が薄くなってないだろうか?
でも平幹二郎演じる法皇が一番いい味出してたりするするから何にも言えなくなる。
ほんと丹後の局の夏木マリと法皇は楽しそうに演じていて“さすがベテラン”なのである。
あーあ心配だなぁ、来週の「しずやしず~」。

昨日は木枯らし1号が吹く肌寒い日でした。

そんな中、下北沢までいらしていただいた皆様ありがとうございます。


合戦ものではない曲を、ということでまずは「春の宴」を演奏。
今は秋なのになぁ、と思いつつ私が知ってる古典の中では唯一優雅な曲なのである。
題材は「源氏物語」で宮中の華やかな宴の様子を唄った曲である。
実は今まで、この曲を最後までちゃんと演奏するのは避けてきた。
特にストーリーらしいものはないし、弾く手も激しい部分が少ないのでお客様を引き込むのは難しい
と思ったからだ。それは私の実力のせいもあるのだが…。
今までも聴いたことがある人は“こういう曲もあるんだ”と興味をもって聴いてくれるかもしれないが、
始めての人はどうなんだろうか?とにかくこの曲ももっともっと鍛錬が必要である。
そしてこのライブの目標であった「静」。朗読をしてくれた友人と話し合い、静と義経の吉野での別れに
焦点を絞ろうということになった。
しかし別れのシーンだけいきなりやっても何も伝わらない。
そこで二人がどうやって知り合いどんなに絆が深かったか、ということを朗読でお客様に伝えること
にした。二人の関係性が明確になってないと吉野での別れも際立たない。
その朗読を受けて私の琵琶である。今回は西條八十が書いた“静御前”を参考にして曲をつけてみた。
私なりに、静の一人残された悲しみや捕らえられ鎌倉に送られた悔しさなどを琵琶の音にのせた。
悩んだのだが静を語るには外せないうたなので、あの有名な“しずやしず~”の歌詞も加えてみた。
聴いてくださった方にどこまで伝わったか分からないが、今後もう少し手を加えもっといいものにしていきたいと思う。私の大好きな題材だけに大切にしていきたい。
そして「祇園精舎」。義経や静の人生にもこの歌は当てはまると思うので、最後の曲に選んだ。
この「祇園精舎」もいろんなバージョンを考えて、新鮮に聴いていただけるものにしたい。
もしくは「やっぱりこれが必要」と思っていただけるような恒例の曲にしたいとも思う。

次回は来年になると思うが、また試行錯誤をしながらやっていこう。
少しずつでも、是非琵琶を聴いたことがない方に足を運んでいただきたいっ!
どうしたら興味を持ってもらえるのか?私のチャレンジは続く……。
ミュージカルばかり見ていた時期があった。
いつしか自分も舞台に立ちたいと思うようになり、バレエのレッスンに通ったり
ミュージカルのCDに合わせて歌ったりしていた。
ある日手にした一枚のCD。それは当時もう間もなく上演される話題のミュージカル
ミス・サイゴン の日本キャストバージョンだった。
一番好きだったのが本田美奈子さんの 命をあげよう という曲だった。
愛するアメリカ兵との間にできた子供をたった一人で産み育てたキムの叫び。
本田美奈子さんの歌声はとにかく迫力があった。
ガツンと伝わってくる何か…。
まだ舞台を観ていないのに私の中のキム像は美奈子さんの歌声で出来上がっていた。
それから実際の舞台を観に行きますます彼女のパワーに圧倒された私は、
何度も何度も真似をして”命をあげよう”を歌った。
やっぱりかなわないなぁ、と思いながら…。

そして数年後、ある役者さんの付き人として レ・ミゼラブル のウラに入ることになった
私は、 本田美奈子さん その人に実際お会いすることができた。
かわいらしくて、めちゃめちゃ細くて、舞台に立った時のあのパワーはどこからくるのか不思議だった。
私はいつも美奈子さんが歌うエポニーヌの オン・マイオウン を聴くのが楽しみだった。
時として美奈子さんは、歌の出始めで建物のセットを叩いて感情を表していた。
ほんと、”歌う”というより"魂の叫び”という感じだった。

ミュージカル女優はとっくの昔に諦めたけれど、未だに美奈子さんの真似をして大声で歌うことがある。
最近密かに、琵琶界の本田美奈子になろうと勝手に思っていた。
あのパワー……、人々を魅了した歌声は分野は違えど通じるものがある。
そう思っていた矢先の悲しいニュースだった。悔しくて、残念で、何と言えばよいのか。

どうか安らかにお眠り下さい。

林 英哲


私の憧れの人である。はじめて生で彼の演奏を聴いた時の衝撃は忘れられない!
その太鼓に賭ける姿、シンプルであることの素晴らしさ。
もちろんリズムといい、その音色といい、太鼓に関しては言うことないが
それだけじゃないっ。太鼓の合間の掛け声も何とも言えず、そして動きはまるで時として舞踊のよう。
その全てが一体となり、ただの演奏ではなくひとつの舞台作品となる。
フィナーレ、大太鼓をたたいた英哲さんの頭上に蓮の花びらが降ってきた時はしびれたぁ~!

美しい!美しすぎる!!


そんな訳で今私は、そのライブのDVDを見ている。
同じ演奏者としてこうありたい、と思うのだ。
英哲さんの背中をみつめてこれからも歩いて行きますっ!!
林英哲
なんとか構成は決まったけれど……。
人前で演奏するのは大事。役者と同じで、場に出てみて始めて学べることがある。
そう思って定期的に自主的にライブをやろう、と試みた。
でもやっぱり自分の力の無さを思い知らされる訳でして…。
決めたからにはやるしかないのです!
お客さまに琵琶の良さを知っていただくために。
という訳でライブ情報です!
 
  ?H1>下北沢 offBEATにて11月12日(土) 18:30オープン、19:00スタート

         チャージ1000円、飲食代は別になります。

http://homepage3.nifty.com/Shimokita_offBEAT/index.htm
プロフィール

manabiwa812

Author:manabiwa812
川嶋信子 (薩摩琵琶/鶴田流)

桐朋学園大学 芸術学部演劇科卒業。
役者として数多くの舞台に出演し、CMなどでも活躍
その後、薩摩琵琶を鶴田流・岩佐鶴丈に師事。

寺社、仏閣、ホテルやイベント会場、学校、平家ゆかりの地など
各所で琵琶の魅力を伝えている。
他にも無声映画に楽師としての参加や琵琶2人のユニット「谷中琵琶Style」や
琵琶と講談の会「bi-dan」を企画するなど精力的に演奏活動を行っている。
また毎月、1日体験教室【まなびわ】を開講し
「楽しく琵琶を学べる」と好評を得ている。

第53回琵琶楽コンクール第二位入賞
邦楽オーデション合格
NHK FM「邦楽のひととき」出演

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR