日めくりカレンダーに

 19日 トークの日

と書かれていた。

あまりにも安易で笑ってしまう。

が、トークする時間もなく

夏の予定に向けて缶詰状態の1日でありました……。

 

 

趣きの異なるものばかり。

三沢では市街劇という寺山さんの実験的な試みを新たに再現!

私の琵琶はどこにどうやって存在するのだろうか…。

 

ワクワク、ドキドキ。

何が起こるのか、はてさて。



7月23日  文京 朝顔ほおずき市  

     「夏の盛りの琵琶語り~2017~」 11時~、善光寺にて

 

7月27日  月一りん 演目/牡丹灯籠 他

       講談師・宝井一凜さんの会にゲスト出演

  

 

8月6日 寺山修司記念館20周年特別公演

幻想市街劇「田園に死す」

                 原案 言語/寺山修司

 

どんな鳥だって 想像力より高く飛ぶことは できないだろう~

 

◎正午開演

◎青森県三沢市内各所にて  

 

スタッフ


総指揮・構成・演出・音楽:J・A・シーザー(演劇実験室◎万有引力・主宰)
構成・演出:髙田恵篤(演劇実験室◎万有引力)
演出:佐々木英明(寺山修司記念館館長)
演出:増田セバスチャン(アートディレクター)
演出:福士正一(舞踏家・オドラデク道路劇場)
演出:森崎偏陸(テラヤマ・ワールド)
演出:長谷川孝治(青森県立美術館舞台芸術総監督)
照明:山崎佳代
照明協力:ライズ
美術:simizzy
音響:吉田望
音響協力:尾崎弘征 ほか
舞台監督:今西祥太
記録写真:福士輝子 ほか
宣伝デザイン:榎本了壱+蛭田恵実(アタマトテ・インターナショナル)
企画協力:榎本了壱(アタマトテ・インターナショナル)
制作:秋元けい子 前田樹里 増田達郎 鳴海芳彦 ほか
プロデューサー補:広瀬有紀(寺山修司記念館)
企画・プロデューサー:笹目浩之(テラヤマ・ワールド)

  

 

出演


演劇実験室◎万有引力

佐々木英明
福士正一+オドラデクダンサーズ
エミ・エレオノーラ
川嶋信子
榎本了壱
柘榴ユカ
長堀晶
MOMO
ジョン・健・ヌッツォ

岡三沢神楽
劇団青森どまんなか
大庭れいじカンパニー
青森県立美術館ドラマリーディングクラブ

三沢市+全国からのみなさん

J・A・シーザーと悪魔の家

  

スポンサーサイト
身毒丸の再々演も無事に幕を閉じました。
あの世界に身を置けた事を誇りに思います。

さてさて、2月のライブが好評だったため
2か月しか経ってないのに
演ります!!!



☆彡 ご予約は
ワロスロードカフェ (台東区上野1-17-7 扇園ビル3F)
050-5316‐5672
こちらまで



寺山さんの短歌、琵琶歌の詞、流行歌の詞、
そして『寺山修司メルヘン全集』に収録されている"かもめ"、
を琵琶にのせます。

"かもめ"は物語を琵琶用の歌詞にして、現代語で語ります

琵琶が"語りもの"だという事。

寺山さんの言葉を借りて
そのあたり前だけど知られていない大切な事を
届けていきたい。

一人でも多くの方々に…。




 



今年も桜の季節がやって来ました~!
しかし…
開花した桜も安心して咲けない気温ですね

でも明日です!
毎年恒例の"しだれ桜と琵琶の夕べ"。
安田邸のしだれ桜は静かに花を開いてくれてるようです。
雨が降らなければ、当日の受付もありますので
是非お出掛け下さいませ!!



数年前に寺山修司記念館で琵琶を弾いた
その時は
琵琶の音や語り自体が寺山さんに受け入れてもらえる、と信じて
"祇園精舎"や"耳切れ芳一"を演奏した。

そして今回。
寺山さんの何を琵琶にのせるのか。
いろんな世界がありすぎて、
琵琶で語る"寺山修司"
なんて謳うのは本当はおこがましい。

でも"身毒丸"(オリジナル)の最期の再演を前に
自分に喝を入れたいと思った。

役者だった頃には避けていた寺山修司。
でもいつの間にか私の中にスーッと入ってきた寺山さんの言葉たち。
琵琶を手にして、
やっとその世界に少し近付けたかな、と思う。

そう、まだまだ"少し"。

おもしろがっていただける方、是非お越し下さい!!


☆彡 ご予約は
ワロスロードカフェ (台東区上野1-17-7 扇園ビル3F)
050-5316‐5672
こちらまで


こういう事が恒例になってはいかんのですが…

はい。

明日の告知です。


音から「まち」を味わう非日常の「船上の音遊び」
          名橋たちの音を聴く
~聖橋-鉄道橋-昌平橋-万世橋-鉄道橋-和泉橋~

◎6月4日(土) 13時~14時
★会場:神田川 / 乗下船:和泉橋防災船着場
           (JR秋葉原駅から徒歩3分)

川嶋信子 (薩摩琵琶奏者)
鳥越けい子 (まちの音遊び概説/青山学院大学教授)
鷲野宏 (まちの解説/都市楽師プロジェクト主宰)


★参加費:¥4,000

★お問い合わせ・参加申し込み / 都市楽師プロジェクト



実際に前回
私も乗船してみましたが、とてもおもしろい企画です。
ここから舟が出る事はイベント時や災害時以外はないので、
特別感もありますし
川から見上げる風景には新たな発見があります。

それぞれの橋の歴史を知りながら、
橋の下で響く琵琶の音。
町のざわめきや電車の音、駅のホームの喧騒も聴こえてきます。

音のある風景を楽しむ舟旅。

他にはない時間です。


明日はお天気もいいみたい
ご予定が決まってない方は是非ご参加下さいね!!

お待ちしてます。














プロフィール

manabiwa812

Author:manabiwa812
川嶋信子 (薩摩琵琶/鶴田流)

桐朋学園大学 芸術学部演劇科卒業。
役者として数多くの舞台に出演し、CMなどでも活躍
その後、薩摩琵琶を鶴田流・岩佐鶴丈に師事。

寺社、仏閣、ホテルやイベント会場、学校、平家ゆかりの地など
各所で琵琶の魅力を伝えている。
他にも無声映画に楽師としての参加や琵琶2人のユニット「谷中琵琶Style」や
琵琶と講談の会「bi-dan」を企画するなど精力的に演奏活動を行っている。
また毎月、1日体験教室【まなびわ】を開講し
「楽しく琵琶を学べる」と好評を得ている。

第53回琵琶楽コンクール第二位入賞
邦楽オーデション合格
NHK FM「邦楽のひととき」出演

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR